外注した記事作成との違い

「自社サイトへの集客数を増やす方法がわからない」
「記事作成を外注したものの、成果が全く出ない…」
このような悩みをお持ちではないですか?

記事作成を外注すると自分自身で書く必要がなくなるため、時間、労力を軽減できます。

最近では外注先として、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを選ぶ企業も増えてきました。
しかし、中小規模のサイトの場合、クラウドソーシングサービスで外注することは、メリットよりデメリットの方が多いといえます。

そこで今回は、クラウドソーシングサービスの外注記事作成のデメリットを解説していきます。

記事作成をクラウドソーシングで外注するデメリット

マニュアル作りが面倒

クラウドソーシングで記事作成する場合、最低限の質を担保するために指示書やマニュアルを事前に作っておく必要があります。

そして良質なマニュアルを作るためには、マニュアル作成者自身もSEOやWEBライティングの知識を持っておかないといけません。

また、このマニュアルを作るためには、多くの作業をしないといけないので、逆にかなりの時間、労力が必要となります。
そのため、大量の記事を外注するのでなければ、かなり非効率になってしまう恐れがあります。

執筆以外にもやらなければならないことが多い

クラウドソーシングで記事作成を外注したとしても、自社で記事のアップ作業、原稿チェック、更新作業を行わないといけません。

また、キーワードの選定など検索エンジンの上位表示に必要な知識を持っておかないといけないので、実際のところライティング以外にもやるべき業務はたくさんあります。

上記の内容を全て中小企業で担当するとなるとかなりの負担になりますし、全て外注するとなると、管理も大変になってしまいます。

記事のクオリティーが低い

クラウドソーシングでは、主婦、学生、フリーランスなどライティングスキルにも様々なばらつきがあります。

逆に、評価が高いライターに発注するとなると、その分単価も高くなってしまいます。

もちろん、発注者と購買者の目線に立って執筆できるライターに発注できれば言うことなしですが、なかなかそう上手くはいきません。

コンテンツに溢れた現在において、コンテンツの質が大きく企業の利益に影響します。

質の高い記事を書いてもらうことを優先するのであれば、クラウドソーシングの外注はあまりおすすめできません。

外注する相手を見つけなければならない

クラウドソーシングにおける外注において、全て一人の良質なライターに外注するのが理想ですが、なかなかそう上手くはいきません。

外注するライターにもできる作業量は限られており、何かの事情で継続して案件を受注できないことも多々あります。

そうなると、記事を書いてもらうためのライターを毎回募集しなければなりません。

その場合、ライター初心者でまた一からマニュアルを教えないといけないなんてこともあるでしょう。
そのため、毎回かなりの手間がかかってしまいます。

管理が大変

クラウドソーシングでは執筆の進捗や品質などをしっかり管理しなければいけません。

しかもライターの人数が増えれば増えるほど、その業務量は増えていきます。

また、クラウドソーシングの場合、最初から最後まで顔を合わせないため、コミュニケーションが取りづらい傾向にあります。

そのため、いかに明確で迅速な指示を出すかといったディレクターのディレクション次第でアウトプットの質が変わってくるでしょう。

納期が守られないケースがある

クラウドソーシングでは、一度も顔を合わせないなどの理由で、成果物の納期遅れに見舞われてしまう恐れもあります。

また、最悪の場合音信不通になってしまうというケースも耳にします。

そのため、クラウドソーシングで外注する際は、そのようなリスクがあることをしっかり理解しておく必要があります。

先方と綿密に進捗確認を行う、信頼できる相手に依頼するなど事前にできる限り、リスクを避ける対策を練っておきましょう。

クラウドソーシングやSEO会社との違い

単記事ごとに発注する際にはクラウドソーシングが向いていますが、複数の記事を発注する場合、「ブログ更新代行サービス」を利用するのがおすすめとなります。

また、記事の納品をまとめて行い業務終了といった一般的なSEO会社と違い、徹底したマーケティングを行っているのもブログ更新代行サービスの強みです。

企画から記事更新までを全て依頼できる

クラウドソーシングの外注だと、記事の執筆を依頼者に担当してもらうだけで、キーワード設定、原稿チェックなどは自社で行わないといけません。

ただ、ブログ更新代行サービスでは、キーワード分析、キーワード設定、記事作成、原稿チェックまでの流れをまとめて依頼できます。

そのため、ブログ更新には極力時間と手間をかけずに、自社のサービス向上に注力していただけます。

記事のクオリティが高い

ブログ更新代行サービスでは、まずクライアントごとに独自の企画書の作成を行っています。

例えば、地域密着型のクライアントの場合、その土地での上位表示を目指す、全国から集客するクライアントの場合、メイン事業の上位表示を目指すといった内容の企画書を記載します。

そうすることにより、ライターの執筆内容とクライアントの要望の相違をなくせるのです。

そして、作られた企画書をもとにキーワード設定を行い、そのキーワードの検索意図を分析することでコンテンツ構成を明確にしています。

その後、京都大学や大阪大学を始めとした、偏差値60以上の学生ライターがライティングしています。

記事執筆後は、コンテンツをコピーしていないか、誤字脱字がなされていないかなどしっかり確認をした上で更新しております。

そのため、ブログ更新代行サービスでは、クオリティの高い記事を提供できます。

まとめ

今回はクラウドソーシングサービスとブログ更新代行サービスの違いを解説させていただきました。

内容のポイントは以下の4点です。
・クラウドソーシングでの外注は、マニュアル作成、キーワード作成、管理など、執筆以外にしなければいけない業務が多い
・ブログ更新代行サービスでは、キーワード分析、キーワード設定、記事作成、原稿チェックまでの流れをまとめて依頼できる
・クラウドソーシングでは、記事のクオリティにムラがある
・ブログ更新代行サービスでは、徹底したマーケティング分析により、キーワード選定を行い、そのキーワードをもとに優秀なライターが執筆するため、質が高い

これらの点を踏まえると、ブログ記事における業務量を減らし、質の高い記事を執筆してもらうのであれば、ブログ更新代行サービスがおすすめです。

h2見出しh2見出しh2見出しh2見出し