記事作成におすすめツール

「記事作成する際にオススメのツールはないのかな?」
このような疑問はありませんか?

記事作成をすることになれば、効率的に作業を行うためのツールを知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はキーワード選定やコピペチェック、アイキャッチ画像作成など記事作成時に使えるおすすめツールを紹介していきます。

全て無料なので、使えるものがないかぜひ探してみてください!

キーワード選定ツール

Googleキーワードプランナー

まず初めに紹介するのはGoogleキーワードプランナー。
キーワードプランナーとは、Google広告内にある機能の1つで、キーワードの検索ボリュームがどれほどあるのか調べられる超有名ツールです。

本来は広告を出す際に用いるものですが、キーワード調査の際にも有効となります。

以前は無料アカウントでも全ての機能が使えたのですが、2016年からは有料アカウントのみしか全機能は使えなくなりました。

無料ツールでは、100〜1000、1000〜10000などざっくりとした数字しか出てこないため、検索ボリュームの詳細を知りたければ、有料アカウントを使う必要があります。

そうは言っても、自分が狙うキーワードの大体のボリューム数はわかるので、キーワード選定の際は非常に参考になります。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワードとは、特定のキーワードを含む複合キーワードのことです。

例えば、「記事作成」というキーワードだったら、
・「記事作成 バイト」
・「記事作成 コツ」
・「記事作成 バイト おすすめ」
などが関連キーワードとなります。

そして、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)は、
・Gogleサジェスト
・教えて!goo
・Yahoo!知恵袋
の3つのツールからデータを取得し、関連キーワードを表示させるというツールです。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)を使用することで、自分では考えがつかないようなキーワードをお宝キーワードとして探し当てられることもあります。

例えば、「サッカー」と調べると、「サッカー 曲」といったように自分の意図しないキーワードがあるのがわかります。

そして、実際に「サッカー 曲」と検索し、競合の強さを見る中で上位表示できそうであれば、執筆してみるのもいいですね!

また、それ以外にもYahoo!知恵袋を見ると、実際にどのような悩みを抱えているのかイメージできるので、そちらもかなり記事作成の参考になります。

Googleトレンド

Googleキーワードとは、キーワードやトピックの検索回数を特定の期間ごとに確認できるツールです。

Googleキーワードには主に
・特定の期間内における検索回数の推移グラフを5つのキーワードまで同時比較できる
・検索が急上昇したキーワードやYouTube動画を確認できる
といった機能があります。

大量のキーワード調査や検索回数の把握を行うのは難しいですが、長期間のマーケット調査において有効となります。

キーワード選定ツールまとめ

これまでキーワード選定ツールについて3つほど紹介しましたが、
・検索回数調査にはGoogleキーワードプランナー
・大量のキーワード調査には関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
・期間別調査にはGoogleトレンド
とそれぞれの用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。

コピペチェックツール

記事作成においてコピペチェックツールが必要な理由

コピーコンテンツは記事作成において、評価を下げてしまう危険性や著作権侵害に当てはまる恐れがあります。

自分で記事を書く場合はあまり問題ないですが、執筆を外注する際は、コピーコンテンツチェックを行わなければなりません。

そこでおすすめなのが「Copy Content Detecter」です。

Copy Content Detecterとは

・ウェブ上の文章と似ている度合いを表す「類似度」
・ウェブ上の文章の文字列と一致している割合を表す「一致率」
既にチェックした文章と一致している度合いを表す「テキスト類似度」
などの文章校正を一括でチェックできるツールです。

しかも、25文字から4000文字まで無料で何度でも使えるので、コピペチェックしたい場合はかなり重宝します。

ドメイン除外機能を使用することで、自社のサイトを含めずに調査できるのもかなりありがたいですね!

類似度、一致率、テキスト類似度それぞれ
・赤色の「コピーの疑い」
・黄色の「要注意」
・緑色の「良好」
と視覚的にもわかりやすく結果が出ます。
コピーの疑いまたは要注意の場合、リライトする必要があるでしょう。

画像ツール

ハイクオリティーな写真素材ならO-DAN

O-DANは海外の無料写真素材サイトから検索できるサービスです。

海外と聞くと、「海外のサイトってことは、英語で検索しないといけないのでは?」と思った方も多いはず。

しかし、O-DANでは日本語で入力した言葉を自動的に英語に翻訳してくれるので、英語で入力する必要もありません。

O-DANでは50以上の無料写真素材サイトで一括検索できるので、比較的自分のイメージに合った素材を見つけることができますよ!

画像編集ならCanva

グラフィックソフトといえばPhotoshopが有名ですが、ライセンス費がかかり、操作も難しいのが難点です。

しかし、Canvaなら基本機能を無料で使うことができるにも関わらず、誰でも簡単におしゃれなデザインが作れます。

スマホからでも手軽に画像編集できるのも魅力の一つですね。

具体的には、Canvaでは以下のようなたくさんの種類のデザインを作ることができます。

・ツイッター、インスタグラムなどのSNS用の画像
・プレゼン資料、履歴書
・ブログのアイキャッチ画像
・バナー広告、ロゴ

このように簡単に画像作成するなら、Canvaがおすすめです。

まとめ

当記事では記事作成時における有用ツールを紹介しました。

以下今回紹介したツールになります。
・キーワード選定ツールは、Googleキーワードプランナー、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)、Googleトレンド
・コピペコンテンツチェックツールは、Copy Content Detecter
・画像写真素材サイトはO-DAN
・画像編集はCanva

これらのツールを用途別に使用してみていただければ幸いです。

h2見出しh2見出しh2見出しh2見出し