集客が出来る記事作成とは

「どうすれば集客する記事を作成できるのだろう?」
「集客できる記事作成のコツはないのかな?」

このような疑問をお持ちではないですか?

ブログ記事において集客する際、なかなかうまく集客できないと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は現在のブログを良くしたいと考えている企業担当者の方に向けて、集客できる記事作成のコツを解説していきます。

当記事のポイントを押さえれば、記事作成が苦手な方でも集客できる文章が書けるようになるのでぜひ実践してみてくださいね!

集客できる記事にするためにはキーワードを意識する

ブログ記事で集客するためには、SEOを意識して記事作成を行うのが重要です。

なぜならSEOを意識することで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示できるため、人の目に触れる機会が多くなるからです。

では、どのようにすれば自社の記事を上位表示できるのでしょうか?

その方法とはズバリ「キーワードを決めて書く」ということです。

そこで、ここからはタイトル、見出し、本文別にキーワード選定について解説させていただきます。

タイトルのキーワードの付け方

キーワード選定において、タイトルは一番重要です。
検索エンジンで上位表示タイトルには自分が上げたいキーワードを見出しに含めておく必要があります。

例えば、「SEO 上げるには」で上位表示したいなら、「SEO 上げるには」を記事タイトルに含めておくということですね。

また、キーワードを選定する際には、「ロングテールキーワード」の知識が必須です。

ロングテールキーワードとは比較的検索数の少ないニッチなキーワードのことを指します。

「SEO」、「アフィリエイト」など単体のワード(ビッグワードと呼ばれる)で上位表示するのはかなり難しいです。

そのため、「SEO キーワード」のようなミドルワード、「SEO キーワード 入れ方」のようなスモールワードから拾える記事を多めに書いていきましょう。

見出しのキーワードの付け方

見出しのキーワードの付け方も、タイトルに次いで重要です。

見出しの付け方としては、最低限のルールを知っておけば、Googleに正しく評価してもらえます。
まずはWordPressの場合、h1ではなく、h2から使うというルールです。

h1はタイトルに使われるので、見出しを作る際はh2に設定しましょう。

もう一つはhタグの数字順序を守るということ。

つまり、h1、h2、h3、h4の順番で書くということですね。
特に、書き出しをh3で始めている記事もよく見かけるので、注意しましょう。

本文にも自然にキーワードを入れる

本文にも自然にキーワードを散りばめておきましょう。

ただ、狙ったキーワードに沿った内容を書いていれば、自然にキーワードが入った内容になるはずです。

そのため、記事の校正時に、「キーワードを入れるべき箇所にきちんと入れれているか」など確認するくらいでいいでしょう。

記事作成はタイトルが命

ブログ記事は読者が読みたくなるような魅力的なタイトルでなければ、なかなかクリックしてもらえません。

ここでは魅力的なタイトルのテクニックを2つご紹介します。

具体的な数字を入れる

数字が入れば、客観的な指標として説得力が上がります。

例えば、
「Webサイトにおける記事の作り方とは」
と書いてあるより、

「たった1記事で3万人に読まれる記事の作り方」
など数字が入っている方が具体性が増すため、クリックしたくなりますよね。

このように、数字を盛り込むことはできないか考えるクセをつけておきましょう。

簡単にできることを伝える

読者は面倒そうなことはあまり読もうとしません。

そのため、記事をクリックしてもらうためには、タイトルによって、簡単にできるということを伝えるのが有効になります。

例えば、筋トレの方法で考えると
「1時間の筋トレでムキムキの身体を手に入れよう」
より
「週にたった2回だけ!1時間の筋トレでムキムキの身体を手に入れよう」

の方が難易度が下がり、読者も「自分でもできるかも!」と思いやすくなるのです。

本文の書き方テクニック

これまで集客する記事作成方法として、キーワード作成方法、タイトルの付け方について解説しました。

そして次は具体的な本文の書き方のテクニックについてお伝えしていきます。

同一の語尾を使いすぎない

記事作成時によくやってしまうのが、同一の語尾を使いすぎてしまうということです。

同じ語尾がずっと続いてしまうと、単調で稚拙な文章だと感じてしまうので、途中で読むのを飽きてしまう恐れがあります。

例えば、
「ブログを書く際は、SEOを意識することが重要です。
なぜなら、ブログ記事に集客するためには検索エンジンで上位表示をする必要があるからです。

SEO対策として、キーワード選定を行うことが重要です。」
このように、「〜です」のように語尾が続いてしまうと、読者は単調に感じてしまいます。

この解決策としては文の最後に名詞を置く「体言止め」が有効です。

このように、慣れるまでは同一の語尾を使わないように意識的に改善していきましょう。

PREP法を用いる

PREP法とは、Point(要点)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(要点)の順に書くという方法です。

この型を使えば、誰でも簡単に説得力のある文を書けるようになります。

例えば、先ほどの同一の語尾を使いすぎないという段落なら、
「記事作成時によくやってしまうのが、同一の語尾を使いすぎてしまうということです。」は結論。

「同じ語尾がずっと続いてしまうと、単調で稚拙な文章だと感じてしまうので、途中で読むのを飽きてしまう恐れがあります。」は理由。

「例えば、〜」は具体例。

「このように、慣れるまでは同一の語尾を使わないように意識的に改善していきましょう。」で再度結論を述べています。

PREP法を用いれば、「何を言っているのかわからない」という文になりにくいので、ぜひ試してみてはいかがですか。

ちなみにこのPREP法の説明もPREP法を用いていますよ!

まとめ

今回は集客できる記事作成のポイントについてお伝えさせていただきました。

当記事の要点は以下の3つです。
・タイトル、見出し、本文でキーワードを意識する
・タイトルには、数字、簡単さをできるだけ盛り込み、読者の興味を引く
・本文は、語尾を連続しすぎず、PREP法を意識して書く

記事作成時にはこれらのことに注意しましょう。
当記事が少しでもお役立ちすれば幸いです。

h2見出しh2見出しh2見出しh2見出し