記事作成に必要な技術たち

「これから集客のためにブログ記事を作ろうと考えているけど、ライティングに関しては全くの初心者なのでどうすればいいのか全くわからない。」

このような悩みをお持ちではありませんか?

「記事作成で必要な技術は何か?」と言われると、ライティング力を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし、Web記事の作成において、ライティング力が優れているだけでは、会社の集客に結びつけることができません。

Web検索において、自社のブログを見つけてもらうためにはライティング以外にも、
・Webマーケティングスキル
・記事構成力
など様々な技術が必要となります。

そこで今回はWebメディア作成の初心者に向けて、わかりやすく記事作成に必要な技術を解説していきます。

Webマーケティングスキル

Webマーケティングとは

まずWeb記事の作成において必要不可欠なのが、Webマーケティングスキルです。

簡単に説明するとマーケティングとは、モノが売れる流れを作ることです。

そのため、Webマーケティングとは、WebサイトやWebサービスを通して、モノが売れる流れを作ることを指します。

SEO

Webマーケティング施策の中には、リスティング広告、アフィリエイト広告、アドネットワーク広告など様々な手法があります。

しかし、その中でもお金をかけることなく、集客を集めることができる施策に「SEO」があります。

SEOとは、GoogleやYahoo!の検索エンジン上で自分のコンテンツを上位にさせる手法で、「検索エンジン最適化」とも言われます。

Web上で商品を売りたい場合、最低限のSEOの知識が不可欠です。

SEO対策において「キーワード設定」が超重要!

SEO対策といってもいきなり全て覚えるのは難しいですよね。

そこで、SEO初心者はまず「キーワード設定」が重要であることを知っておきましょう。

例えば、「脱毛 失敗」というキーワードを狙う場合、読者ニーズは脱毛で失敗したくない人です。

ということは、脱毛で失敗しない方法を説明をすれば大丈夫です。

ただ、ここでいきなり自社の脱毛の商品を説明をしてしまうと読者ニーズを満たしていないため、上位表示できません。

そのため、しっかりとキーワードを選定し、そのキーワードの読者ニーズを満たしていくことが重要です。

そうすることで、サイトへの集客数も増やせます。

記事構成スキル

記事執筆の前に記事構成を行う!

web記事を作成する上で、記事執筆以上に記事構成には特に力を入れる必要があります。

記事構成を作ることによって、ライティングを始める前に記事コンテンツを俯瞰できます。

そうすることで、記事全体が一貫した内容になります。

コピーライティングがWebメディアで重要な理由

コピーライティングとは、人間が興味を抱くトリガーを理解し、読み進めてもらうための書き方です。

Webライティングは購入を前提とする書籍や新聞と違い、たまたま目に入ったから読んでみるというパターンが多いです。

そのため、コピーライティングの視点を持ち、
「いかに最後までコンテンツに興味を持ってもらえるか」を意識する必要があるのです。

記事構成における3つのパート

一般的な記事は
・トップコピー
・ボディコピー
・ボトムコピー
の3つのパートで構成されます。

それぞれの役割をしっかり理解することで、より良質なコンテンツに仕上げられます。

そうすれば、検索エンジンにおいて上位表示できる可能性が高くなります。

トップコピー、ボディコピー、ボトムコピーの役割

Webメディアにおいて、トップコピーの書き方はかなり重要です。

というのも記事タイトルや書き出しで読者の興味を引ければ、内容を読み進めてくれますが、そうでなければ記事を読んですらもらえません。

ボディコピーでは、役立つ内容を書くことはもちろんですが、SEOに応じた見出し構成を行いましょう。

例えば、h2やh3に狙っているキーワードを散りばめておくことも有効なSEO対策となります。

Webライティングの際は、このようにSEO対策を意識することで初めて、上位表示に繋がります。

また、ボトムコピーでは、これまでお伝えした内容をまとめ、最後に次のアクションへの仕掛けをしておきましょう。

Webライティングスキル

ライティングは「相手に伝わる」文章が最重要

ライティングスキルと聞くと、カッコよくて、オリジナリティーのある文という印象がありますが、「相手に伝わる」文章を書くことが最も重要です。

相手に伝わる文章を書く方法としては、以下の3つが挙げられます。
・「ペルソナ設定」でターゲットを明確にする
・何を伝えたいのか目的意識を持つ
・読者が記事を読み終えた後の反応、行動を考える

ペルソナ設定でターゲットを明確にする

ペルソナ設定とは会社の商品を買いそうな架空の顧客を設定することです。

これは、30代OLといったように大まかに設定するのではありません。

年齢、性別、だけでなく、ライフスタイルや性格、人間関係、趣味など本当に実在するかのように細かく設定することでリアリティーのある記事が書けるようになります。

何を伝えたいのか目的意識を持つ

何か文章を書く際はどうしてこの文章を書くのか目的意識を持っておくと相手に伝わりやすくなります。
「伝えたいことを決めていない」、「伝えたいことがいくつもある」ような状態だと、結局何が言いたかったのか、伝わらない恐れがあります。

読者が記事を読み終えた後の反応、行動を考える

最後にこの記事を読んだことによってどのような気持ちになるのか、どのような行動を起こしたくなるのかまでしっかり考えておきましょう。

また、考えるだけでなく、行動してほしい内容を記事内で記述することによって、その行動を起こしてくれる可能性が高くなります。

まとめ

今回はWeb初心者に向けて、記事作成に必要な技術をお伝えさせていただきました。

ポイントは以下の4点です。
・SEO対策として、入念にキーワード設定をする
・Webメディアは読者の興味を引くコピーライティングで書く
・トップコピー、ボディコピー、ボトムコピーの型で書く
・相手に伝わる文章を書くことが重要である

当記事が少しでも記事作成のお役に立てれば幸いです。

h2見出しh2見出しh2見出しh2見出し